固定IP

VPNの種類にはどんなものがあるの?

VPN

矢印 TOP

矢印 固定IP

矢印 VPN

矢印 モバイル固定IP

矢印 OCN

矢印 フレッツ

VPNの種類

VPN

ほとんどの人が利用するインターネット。インターネットの普及率は高まる一方ですが、その反面インターネットによる犯罪も増えているのが現実です。
このことから、インターネットは必ずしも安全な通信というわけではなく、第三者に情報を盗み見られてしまう可能性もないとはいえないのです。
情報の漏洩が許されない企業が、安全性を持ってインターネットを利用するために、「VPN」が活用されています。

VPNと専用線の違い

VPNとは、「Virtual Private Network」の略語で、意味仮想的な専用線という意味です。 まるで専用線のように、拠点間をつなぐ回線ということです。
まず、専用線とはなにかみていきましょう。
インターネットが現在の様に普及する前、企業などは、 離れた場所にある拠点Aと拠点B間でデータをやり取りしたい際には、 データ自体を持ち運ぶか、拠点間に専用線を設置するしかありませんでした。
つまり、専用線とは拠点Aと拠点Bのみを結ぶ回線のことです。
そのため、拠点A・拠点B以外の第三者がアクセスできない、安全な回線といえます。
この守られた専用線ですが、その導入にはコストが高いというデメリットがありました。
そんな中、インターネットの普及とともに登場したのが、既存のインターネット回線を利用して、 専用線のように通信できる技術、VPNです。
専用線よりも低コストで導入しやすく、拠点間の距離に依存せず、既存の回線を利用することができるので、 全国の拠点間と安心・安全な通信ができます。そのためVPNを導入する企業が増えているのです。

インターネットVPNとIP-VPN

企業ネットワークに欠かせない技術であるVPNですが、VPNは「インターネットVPN」と「IP-VPN」に区別できます。
このインターネットVPNと、IP-VPNについて見ていきましょう。

インターネットVPN
一般に、インターネットを介して拠点間を接続するVPNを「インターネットVPN」と呼びます。
拠点Aと拠点Bの間で通W信する場合、まずA・Bの両拠点にVPNルータを設置します。
このVPNルータにより、インターネットを介して専用線のような安全な通信ができるのです。
しかしインターネットVPNは、誰でも利用できるインターネットを介するため、セキュリティ面でのリスクは高くなると考えられます。
そのため、VPNルータは認証、暗号化、トンネリングといった技術などが使用されています。
インターネットVPNは、比較的安価で利用できることから、導入する企業が増えているサービスです。

IP-VPN
通信サービス事業者が所有し、自社で管理しているバックボーン(インターネットを介さない閉じたIP網)を介して拠点間接続するVPNを「IP-VPN」と呼びます。
インターネットを介さないことで、より安全に通信ができます。
IP-VPNで使用するVPN装置としては、MPLS(Multi Protocol Label Switching) 対応ルータを通信サービス事業者側が用意してくれ、このMPLSを用いるのがIP-VPNの特徴とも言えます。
MPLS対応ルータはバックボーンのエッジに設置するルータのため、MPLSを利用者は意識する必要がありません。
つまり自社内にVPNルータの導入は必要なくで、管理もある程度事業者に任せられるといったメリットがあります。
しかし、その分インターネットVPNに比べてコストが高いのが一般的です。
また、通信がIPに特化している点から、ほかのプロトコルで通信を行う場合には、広域イーサネット等を利用することになります。

インターネットVPNと、IP-VPNは、拠点間の接続の回線として通信サービス事業者のバックボーンを使うか、インターネットを使用するかの違いと上記に記載しました。
また、IP-VPNでは、VPN装置が通信サービス事業者のバックボーンの両端に設置されることが多いのに対して、 インターネットVPNでは、VPN装置がWANとの接点である利用者LANのエッジに設置されることが多くあります。
この様にVPN装置の位置が異なるため、VPNで仮想化する区間が異なる場合があるとされています。 様々なVPNが登場している今、それぞれのメリット・デメリットを比較し、最適な回線を選びましょう。