固定IP

固定IPとドメインってどんな関連があるの?

固定IP

矢印 TOP

矢印 固定IP

矢印 VPN

矢印 モバイル固定IP

矢印 OCN

矢印 フレッツ

固定IPとドメイン

IPアドレス

IPアドレスとは、インターネット上にある全てのパソコンを区別する番号のことです。
この番号がなければ、インターネットに接続したり、ネットワーク上のパソコン間で通信を行うことができません。
このIPアドレスはプロバイダに契約することで、自動的に振り分けられます。
IPアドレスは「226.139.45.207」のように、3桁の数字を4つ合わせ並んでいます。
このIPアドレスは住所の様なもので、建物に同じ住所が存在しない様にIPアドレスも世界でたった一つしか存在せず、 IPアドレスが重複することはありません。

ドメイン名とは

ドメインとは、インターネット上にあるコンピューターを特定するために使われる、一定のルールに従って作られた文字列のことを指します。
ホームページのURLでいう、「http://www.△△△.co.jp」の「△△△」部分のことです。
URLを入力して、ホームページを検索することがあると思います。
これは、見たいホームページがこのURLにいけばみれるということですよね。
通常インターネット上でコンピューターを特定しているのは、「123.45.67.89」といった3桁の数字が4つ並んだ「IPアドレス」です。
このような文字列はパソコンなどの機械では処理しやすいのですが、私たちにとっては非常にわかりずらいものです。
これを解決する為に「ドメイン」が誕生しました。
メールを送ったりする場合に、IPアドレスの様に番号で相手を入力するのは、覚えにくく大変手間が掛かります。
しかしドメインのように名前を付けると、とても分かやすく便利になります。

ドメインとIPアドレス

特定のURLを入力して、Webサイトが表示されるのは「DNSサーバ」によって実現しています。
ドメインを使うにはIPアドレスと、ドメインを結びつけてあげる必要があります。
この結びつける役割を果たすのがDNS(Domain Name System)と呼ばれています。
DNSはドメインとIPアドレスを相互に変換する機能を持っており、 現在私たちがドメインを指定することで、ホームページを見れているのは、このDNSのおかげなのです。

DNS

DNS(ドメインネームサーバー)とは、 ドメイン名をIPアドレスに自動的に変換してくれるものです。DNSの仕組みにより、覚えにくい「http://124.83.167.212」のような数字のIPアドレスではなく http://www.△△△.co.jpのようなURLを入力することで、Webサイトにアクセスしたり、メールを送ることができます。
もしIPアドレスが動的IPアドレスの場合、インターネットに接続する度にIPアドレスが変わるため、 その都度DNSの設定を変更しなければなりません。
一方、固定IPアドレスは何度インターネットに接続してもIPアドレスが変わらないので、DNSの設定変更をする必要はありません。
このようにドメインを使ってWebサーバーやメールサーバーを自宅で運用する場合、固定IPアドレスの設定が必要となります。